マネジメントチーム紹介

MANAGEMENT TEAM

小川 達大 顔写真

小川 達大(プリンシパル)

東京大学法学部卒。
Corporate Directions, Inc. Asia Business Unit Director、
CONG TY TNHH CORPORATE DIRECTIONS(VIET NAM) General Director、
Corporate Directions, Inc. (CDI) Asia-Pacific Pte. Ltd. Directorを兼任。
著書「『タイ+ワン』としてのベトナム」(「日本企業のタイ+ワン戦略」第7章(チュラロンコン大学サシン経営大学院日本センター所長 藤岡資正 編著)(株式会社同友館)

日本国内での日本企業に対するコンサルタント経験を経て、東南アジアへ活動の拠点を移す。以降、消費財メーカー、産業材メーカー、サービス事業など様々な業種の東南アジア展開の支援を手掛けている。ASEAN域内戦略立案・実行支援、現地企業とのパートナリング(M&A、JV等)支援、グローバルマネジメント構築支援など。日本企業のアジア展開支援だけでなく、アジア企業の発展支援にも取り組んでおり、アジアビジネス圏発展への貢献に尽力している。

「企業変革」への認識

今や、企業、社会、国、そして世界の定義と輪郭は、大きく揺らぎ再構築される時代にあります。その時代にあっては、世の中を見つめる自身の「めがね」に対する自覚と批判の姿勢が不可欠です。同時に、自身として変化するにあたっては、時流に惑わされることなく、自らの歴史と個性を客観的に捉え、譲らざるものとして留めることも必要です。アジア展開の文脈では、その営みは、個人の誇りや自我にも揺さぶりをかけ、悩みと苦しみを伴います。しかし、アジアの(少なくとも経済的な)連帯が一層強くなっているであろう少し先の未来から見れば、その変革は何ら戸惑うことのない自然な適応であるようにも思われます。その結果として手に入れるのは、日本流への固執でもなく、放棄(その反動としての海外流の無条件の受容)でもなく、新しい世界に馴染む新たな固有の姿です。

コンサルティングポリシー

アジアビジネス圏が発展していく領域における、第三者たるコンサルタントの意義とは、「ウチ」と「ソト」の境界線を再構築する際の触媒であることです。企業がいてコンサルタントがいる、という、ただ1つの原風景を心にとどめて、形式に縛られず、自身の存在意義を批判的に吟味することを恐れずに、ただひたすらにクライアントの変革に貢献したいと思っています。果たしてそれを所謂「コンサルティング」と呼ぶのかは知りませんが、「コンサルタントである」ということは、そういうことだと思います。

主要ケース履歴

  • アジア地域における市場調査・戦略構築支援(ベトナム、インドネシア、タイ、マレーシア、ミャンマー、韓国、中国)(輸送機器メーカー、ビル設備メーカー、医薬品・消費財メーカー、食品・飲料メーカー、電子部品メーカー、コンテンツプロバイダー 等)
  • アジア事業のターンアラウンド支援(東南アジア全域)(消費財メーカー、建設業者)
  • アジア地域における現地企業との業務・資本提携支援(候補企業探索、交渉支援、PMI(買収後統合)支援)(ベトナム、インドネシア、タイ、マレーシア、韓国)(食品・飲料メーカー、化学品メーカー、IT業、流通業 等)

関連リンク

マネジメントチーム一覧

株式会社コーポレイト ディレクション
Corporate Directions, Inc.

〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-4
天王洲ファーストタワー23階

Tel: 03-5783-4640(代表)

Fax: 03-5783-4630

Mail: