マネジメントチーム紹介

MANAGEMENT TEAM

米倉 淳一郎 顔写真

米倉 淳一郎(プリンシパル)

京都大学理学部卒。
同大学大学院医学研究科博士課程修了。博士(医科学)

メディカル・ライフサイエンス領域を中心に、広範な産業領域/テーマに対する経営戦略策定および長期実行支援の経験を有する。近年は日系企業の新規ビジネス立ち上げや新規海外進出等の文脈で、全体戦略の策定から提携候補企業との交渉までを一貫支援するようなハンズオンスタイルのプロジェクト推進に強みを持つ。また、営利企業のみならず、大学/省庁/病院など、「売上・利益」以外の尺度を伴った社会的主体の支援にも興味を持って参画している。

「企業変革」への認識

個人的には、「企業変革」は外科処置的なプロセスとしてよりも、統合医療的・漢方薬的なプロセスとして認識/記憶しています。起点には経営者/経営層の「強い意志」と「具体的かつ正しい構想」が必要なことは言うまでもありませんが、その先は(特に日本企業においては)社風や文化、過去の成功体験との泥臭い戦いの連続です。「正しい戦略策定」の先に横たわる、数年間に渡る「遺伝子の変革」「体細胞の入れ替え」への覚悟と備えこそが、企業変革の本質であり、経営者の情熱と巧拙が最も問われる箇所であると認識します。

コンサルティングポリシー

足元の市場が衰退する中で、昨今の日本企業のビジネスには「離散的な変革」が求められるケースが増えています。マネジメント・コンサルタントとして悩ましいのは、企業の戦略課題がいわゆる「ファクト&ロジック」や「経営戦略論」で解き切れるものから、例えば新規事業探索や新規海外展開に代表される、より創造的/探索的な要素を内包するものへと「本質的に」シフトしつつあることです。我々の職業的系譜は基本的に「論理の世界・分析の世界」に端を発する訳ですが、経営者の夢や理想と真摯に向き合い、かつ社会要請を踏まえた新しいビジネスを結実させるための「情理の世界・創造の世界」での付加価値もまた、従前よりも強く問われる時代に突入したといえるでしょう。この時代に経営者に資する為には、都度「考えぬく」臨床経験を重ねることは勿論のこと、自身も時代のフロンティアに身を置き、独自の世界観/価値観を持つことが重要だと考えます。その上で、企業のウチとソトの中間線付近を柔軟に行ったり来たりしながら、知的共創の推進力たる黒子として、企業変革の力になりたいと考えています。

主要ケース履歴

  • 医療機器メーカーの欧米市場参入戦略策定および実行支援
  • 製薬メーカーの営業・マーケティング戦略策定および営業組織改革支援
  • 国内医療機器メーカーの欧州企業M&Aにかかるファイナンシャルアドバイザリー
  • 国内大手メーカーのメディカル・ライフサイエンス領域新規事業策定支援
  • 化学品メーカーの中期事業計画策定支援および主要施策の長期実行支援
  • 検査薬メーカーのASEAN進出戦略策定支援
  • 電子機器メーカーの全社再生計画策定および長期実行支援
  • 省庁におけるバイオベンチャー産業振興策の政策立案支援
  • 国立大学病院の財務改革支援
  • 大学における産学連携活動の振興支援

関連リンク

マネジメントチーム一覧

株式会社コーポレイト ディレクション
Corporate Directions, Inc.

〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-4
天王洲ファーストタワー23階

Tel: 03-5783-4640(代表)

Fax: 03-5783-4630

Mail: