コンサルティングサービス

CONSULTING SERVICE

食品

認識

わが国の食品業界は、近年大きな変革の波に直面しています。国内市場においては、少子高齢化の進展に伴う「胃袋」の縮小や大手流通・組織量販店の台頭といった中長期的な事業環境の変化に加え、足許での先の見えないデフレ傾向とそれに対応した小売流通からの低価格PBの要請や値引き原資である販促費用負担の上昇によって、多くの食品メーカーが戦略の主導権を大きく奪われ、今までどおりのやり方を踏襲するばかりでは利益の確保はますます困難になりつつあります。

一方で海外市場に目を向ければ、一部大手を除き日本の食品メーカーは従来あまり本腰を入れた取り組みはできていないように思います。しかしながら、かつて原材料供給元・生産拠点とばかり看做されていた中国は成長著しい消費市場として大きく変貌を遂げつつあり、東南アジア諸国やインド・南米なども食品メーカーにとっての次なる消費市場として認識されるに至っています。飽和市場の日本の食品メーカーにとっては、いかにして成長期にある海外にビジネスの足場を築くかが大きな論点となっています。

また、これらの新しい経営課題に対処する為のひとつの方策として、独立志向が強いといわれてきた食品・飲料業界にあっても、競合との経営統合を含めたアライアンスも現実的な課題として浮上しつつあります。食品・飲料業界は、分野や国境をも越えた業界再編期にいよいよ入りつつある、といえるでしょう。

CDI はこれまで、販促費率の抑制や、販促費を含めた営業資源の適正配分による売上拡大など、数々のプロジェクトにおいて目に見える成果を挙げてきました。食品・飲料・酒類業界各分野および関連分野の豊富なコンサルティング経験を活かし、営業政策の立案・実施、販促費改革、商品開発、M&A支援、海外進出支援など、クライアント企業の成長をトータルにサポートいたします。

主要なコンサルティングテーマ

営業・業務改革

国内市場全体の成長が見込めず、且つデフレが続く厳しい事業環境の中、食品メーカーが利益を確保するためには、製造原価コントロールに加え、営業政策、とりわけ販促費のマネジメントが必須の課題となっています。CDIでは、クライアントの経営サイドの数値分析を行うと同時に、生産・営業・管理それぞれの現場にまで入り込んで現状の問題を洗い出し、新たな営業・マーケティング政策のご提案ならびに実行に向けた実践的支援を行います。実践フェーズにおいては、販促費の適正配分による売上拡大や販促費比率の抑制など、目に見える業務改革の施策を具体的にご提案すると共に、改革実現に必要な情報インフラの整備や組織体制・人事評価制度の見直しなどの関連施策を一体のものとして、CDIソリューションズとの協業の下で最適解としてご提案いたします。

ブランド・商品戦略

食品メーカーにとって自社商品ブランドの構築・維持は事業の生命線です。CDIでは、クライアント企業の保有する商品ブランド群ごとの販売動向の徹底的な分析、及び顧客や流通販売業者に対する仔細な二ーズ調査などを通じ、保有する商品ブランドの総合力を棚卸すると共に、商品群を再定義した上で、今後構築していくべきブランドイメージとその獲得戦略(開発/マーケティング方針とその推進体制)のご提案を行います。また、流通からのPB開発要請に対してそのメリット・デメリットを客観的・定量的に評価し、その取り組みに関する基本方針のご提案を行います。

チャネル・エリア戦略

持ち帰り店舗や自販機等、自前の販売チャネルを有する中食・飲料メーカーが同業他社のみならず、コンビニなど他の業態の流通業者との厳しい競争を勝ち抜いていくためには、ドミナント戦略、店舗あたり収益管理と徹底したスクラップアンドビルドの実施が不可欠です。CDIでは、クライアント企業の社内データに加え、展開エリアのデモグラフィックデータ、競合データ分析を仔細に行うことによって、収益管理及び出店戦略の立案及び実施を支援いたします。

海外進出戦略

日本の食品メーカーにとって中国を中心としたアジア諸国は、もはや製造拠点にとどまらず、消費地として認識すべき存在とされています。その一方で、法規制の不備や商習慣の違いなどから、現地法人を設立はしたものの、本格的な展開が上手く行かない/二の足を踏んでいる企業がほとんどであることもまた事実です。CDI及びCDIチャイナ(上海)は、日本及び上海に中国人コンサルタントが在籍するほか、現地プロフェッショナルファームとアライアンスを組んでおり、日本・アジア諸国双方のビジネスに精通したチームで、クライアント企業の現地法人設立から営業戦略の策定・実行支援までトータルにご支援いたします。

アライアンス戦略の策定・M&A / PMI支援

国内の食品業界における合従連衡の動きは今後一段と活発化するものと考えられます。しかしながらここに至る流れの中で、市場の論理・資本の論理が必要以上に先行し、歴史を持つ企業が望まない形で経営統合され、その企業の付加価値・ユニークネスが失われていく例も残念ながら存在するのが実情です。CDIではクライアント企業の「持続可能性」及び「社会への貢献」というあるべき視点に立ち、クライアント企業にとって最適なアライアンス戦略の策定をご提案すると共に、M&A/PMI支援に至るまで一貫してご支援いたします。

ケース事例

  • 飲料メーカーの経営戦略立案ならびに実行支援
  • 加工食品メーカーの中期経営計画策定支援
  • 酒類・加工食品・菓子メーカー等の営業・チャネル戦略立案及び実行支援
  • 酒類・中食メーカーのブランド戦略・商品戦略策定
  • 飲料・加工食品メーカーの組織・人事制度改革
  • 飲料メーカーの事業再建計画評価
  • 食品メーカーの海外進出支援
  • 食品メーカーのM&Aアドバイザリー

関連リンク

コンサルティングサービス一覧

株式会社コーポレイト ディレクション
Corporate Directions, Inc.

〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-4
天王洲ファーストタワー23階

Tel: 03-5783-4640(代表)

Fax: 03-5783-4630

Mail: